和歌山工事現場鉄パイプ落下の関連業者や原因は?

19日に和歌山市中心部でビルから鉄パイプが落下し男性に大けがを負わせる事件が起こった。

ではこの事件の原因や関係していた業者はどんな業者だったのか。

 

和歌山鉄パイプ落下の関連業者は?

現時点ではどのニュースサイトも業者名を挙げていない。

しかしこれだけ大きな事件だから周辺住民の口コミ等によって明らかになるのは時間の問題だろう。

この現状に業者名をさらさないことにはこのような事件は無くならないという意見や、メディアの忖度ではないかという声も見受けられるため早急に公開したほうがよいだろう。

事故が起こった原因

当時現場では12階建てのビルの看板工事が行われており、作業員は「誤って鉄パイプを落とした」と話しているものの詳しい原因はいまだ解明されていない。

 

では、これ以前の似たような事件での原因は何だったのだろうか。

例として六本木の工事現場の鉄パイプ落下事件が記憶に新しいだろう。

この事件では、現場の作業員は資材を下ろそうとしたら気づいたら鉄パイプが落下していた。と話している。

また、当時現場の下で高所での作業があるため行われる歩行者誘導が正確に行われていなかったという証言があり、意思疎通ができていなかったことが最悪の事態を引き起こす原因となってしまった。

必ずしも今回の事件と同じ原因とはいえないが、今回も作業員が誤って落としたと証言していることからどちらも確認不足などが原因ではないだろうか。

 

いずれにせよ六本木の事件から全く学んでいないといわざるを得ないだろう。

このような事件が起こってしまった教訓を場所や企業に限らず同じ職業だという意識で浸透させてもらいたい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました