治験バイトで死亡事故?ある訳ねえだろ。→→あった。

副業

 

皆さん治験バイトってしたことありますか??

なかなか治験を実際にやったことがあるという方はいないような気がします。

私の周りでも治験バイトの存在は知ってはいるものの

治験のバイトって危ないんじゃないの?

というふうに言っている方はよく見かけます。

世間での治験の認知度はまだあまり高くない印象がありますよね。

この記事では

  • 治験バイトとは何なのか
  • 治験バイトのメリット・デメリット
  • 治験による死者が出た事例
  • 総合的に見た治験の危険性
  • 入院にかかる費用
  • 治験の報酬
などを徹底的に調査し、治験バイトの危険性や実態を皆さんにお届けしていきます。
これを読めばあなたが治験バイトをやるべきかどうか、一発でわかりますよ

治験バイトで死亡事故?ある訳ねえだろ。→→あった。

みなさん、いくら治験バイトが危なそうといっても、結局は死亡事故なんて起きていないんでしょ?って思ってません?

 

起きてますよ。。

治験バイトやるなら治験についてめちゃくちゃ詳しくなってからです。

今回はきちんと治験バイトの完全ガイドになっているので最後までしっかり読んでくださいね!

そもそも治験バイトって何?知ってたら飛ばしてください

そもそも治験バイトとは何なのでしょうか?

バイトと書いてるからにはお金がもらえるのですが、実はこれは時給とか日給とかバイトみたいな言い方をするのは間違っていて、本来は治験というボランティアに参加してくれたお礼みたいなものなのです。

治験はあくまでボランティアです。

だから何だということはありませんが、一応解説として。

本題ですが、治験とは新薬の臨床試験のことです。

もう危ないにおいぷんぷんですが(笑)

つまり企業が新しい薬を開発する際、その薬の安全性や効果を事前に調査する必要があるのですが、もちろん新しい薬の実験台となる為無理強いはできないのでボランティアという形で被験者を募って臨床試験を行うというものです。

対象となる被験者は同意書などを書く必要があり、人体を使っての実験になる為報酬もかなり高く設定されている場合がほとんどです。

治験には

・通院タイプ

・入院タイプ

の二つが用意されており、通院タイプでは月に決められた回数病院に行って検診や薬の投与をされ、一回に一万円ほどが支給されるものが多いです。

入院タイプでは数日のものから数か月のものまであり、その期間中は通院タイプと同じく検診や薬の投与が行われます。

試験ですので就寝時間などの制限はありますが、一日の大半を何もせずに過ごすようです。

暇が嫌いな人にとっては苦痛かもしれませんが、逆に読書やゲームで無限に時間がつぶせる人にとっては最高のバイトとも言えます。

治験で簡単に20万稼ぎたいなら↓

治験バイトの死亡事故は、残念ながらあります。

実は、治験による死亡事故は実際にあります。

話を聞いて治験やってみようかな。。というときにこの話はきついですが、事実として起こってしまっているのでお伝えしないわけにはいきません。

過去に大手製薬会社のエーザイがてんかん治療薬の治験を実施した際に参加した男性の一人が薬の投与後に電柱から飛び降りて自殺されたという事故が発生しています。

これに関してエーザイは似た種類のてんかん治療薬で自殺を企てるという副作用があるという報告があることなどから否定することができませんでした。

この副作用で自殺された男性は健康体だったということなので、治験バイトでも死亡事故は起きているということは否定できないでしょう。

では、治験バイトは危険なものでやってはいけないものなのでしょうか?

総合的に見た治験バイトの危険性

先ほど申し上げた死亡事故を見ると治験バイトは危険なものだと思えてきますよね。

しかし、本当に危険だらけならやる人はいないし、国が認めていません。

まず治験では

当局に治験届を提出して許可されたものでなければ行うことはできません。

また治験を行う病院で安全に実施ができることや医学的に有効で意義がある試験であることなどが認められる必要があります。

そしてひとでの試験の前に動物での臨床実験が行われています。

さらに少数の人間での治験からだんだんと大人数にしていくなど、数々の安全性への配慮がなされています。

もし万が一副作用が出るようなことがあれば治療などの体制も整っています。

これらのことから治験バイトはかなり安全性は保障されているといっていいと思います。

ただし、死亡事故もあるように100%の安全ではないということも頭に入れる必要があります。

治験の謝礼の相場は?

通院タイプは相場が大体決まっていて一日病院に行くと約一万円ほどがもらえます。

入院タイプは一週間で10万円~15万円などが相場であり、入院が長くなるほど謝礼も高くなります。

入院タイプは選んだ治験によって報酬がかなり変わるのですが、その理由は副作用の大きさや出やすさのようです。

治験バイトをやるメリット・デメリット

メリット

治験バイトをやるメリットとしては主に

  • 高額の報酬がほとんど何もしなくてももらえる
  • 治験実施に当たって無料で健康診断が受けられる

の二点があげられます。

入院期間中は特に大変なこともないので汗水たらして働かなくても高額の金額が入るといえばそうですが、暇が苦痛という人にとってはつらいバイトになってしまうかもしれませんね。

健康診断は治験を実施する際に行われるもので、無料で受けられるためこれを機に一度しっかり自分の健康状態を知る良いきっかけになるかもしれません!

デメリット

反対にデメリットとして挙げられるのは

  • あくまで100%安全が保障されているわけではない
  • 入院タイプだと暇すぎるかも
  • 多くの場合20歳以上のみの募集である
  • 安定した稼ぎにはならない

といったところでしょうか。

危険性があるとは言ってもその確率は0.01以下など低いですしその際の治療体制も整っているためあまり心配はしなくてもよさそうです。

あ、それから当たり前ですが、先ほど事前検診があるといいましたがそれを受けるために登録した治験モニターの事前検診を受けに一度病院へ行かなければいけません。

そんなのめんどくさいという方にはデメリットかもしれません。

それから宣伝になってしまうのですが、(笑)

家から出たくない!というわがままな方もできる副業についても記事を書いているのでもしお時間があればこちらも読んでいただけたらきっと筆者が喜びます。。

副業をお探しの方は是非こちらからご覧ください!

※会員登録は無料です

まとめ

今回は治験バイトの危険性や死亡事故はあるのか?メリット・デメリットなど治験バイトについて徹底調査しました。

いかがでしたでしょうか?

一度やってみる価値はあると思います。

なんせ謝礼が。(笑)

サービスの良いところでは本や漫画などわざわざ無料貸し出ししてくれるところもあるそうですよ!

長期休みに楽にお金稼ぎしつつ人の役に立てるなんて最高ですね!

では今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

一週間で20万の謝礼↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました