Twitter休眠アカウント削除!対象アカウントや亡くなった方の垢を残す方法は?

未分類

こんにちは ココペリブログです。

皆さんツイッターは使っていますか?

今やSNSは生活にとって切り離せない存在になっているという方も多いのではないでしょうか。

しかし若者の間ではツイッターよりもインスタグラムをメインに使うのでツイッターのほうはあまりログインしていないという方も多くなってきているように感じます。

そんな方は要注意です!!

米ツイッターが12月11日までにログインしないアカウントは削除すると警告メールを送っているようです。

この報道をツイッターも認めており、確実な情報ではあります。

では、ツイッターのログイン頻度を減らしている方などはその対象が気になるところだと思います。

そこで今回は、「Twitter休眠垢大幅削除!対象アカウントや亡くなった方の垢を残す方法は?」と題してその削除対象や亡くなった方のアカウントの残し方について調べていきます。

Twitter休眠垢大幅削除!対象アカウントはどれ?

ツイッターが推奨するログイン頻度

もともとツイッターは半年に一度はツイッターにログインするように推奨しているのです。

しかも推奨しているだけでなく長期間ログインしていないアカウントは恒久的に削除する場合があるということは以前からツイッターのポリシーとして発表されていました。

今回実際に警告がされたのは初めてのことです。

とはいえ訳があってログインできない方や

無くなった方のアカウントはどうなってしまうのでしょうか?

もし消えてしまうとしたら悲しむ方はたくさんいると思います。

無くなった有名人のアカウントなどは今も追悼のコメントが届く場所になっている場合も多く、削除に反対の方も多いでしょう。

ちなみに削除の目的は、新しいプライバシーポリシーに同意してもらう、フォロワー数の信頼性の向上などのようです。

 

今回の削除対象アカウントは?

 

前述したとおりツイッターは日ごろから半年に一回はログインするように推奨していますが、まだ半年あると安心することはできません。

2019年12月11日までに一度ログインしないと削除対象になります。

なかなか早いですよね。もうあと一か月もないです。

皆さん対応は早急にしたほうが良いでしょう

Twitter休眠垢大幅削除!亡くなった方の垢を残す方法は?

突然のアカウント削除発表ですが、亡くなった方のアカウントをそのまま残してほしい、削除しないでという声はすでに見られます。

ではどのようにアカウントを保護するのでしょうか?

まずツイッターは亡くなった方のアカウントは原則申請をして削除するように言っています。

しかし今回の発表で、そういったアカウントに関しては無くなった方の遺族や関係者が代わりにログインして残しておくほか無いようです。

しかし世間の反応によっては今後フェイスブックのように追悼アカウントsystemの導入などがあるかもしれませんね。

今後の動向に注目です!

まとめ

ツイッターの休眠アカウント削除、かなり突然の発表だったので驚いた方も多いでしょう。

今回は「Twitter休眠垢大幅削除!対象アカウントや亡くなった方の垢を残す方法は?」と題して今回の大幅削除に対する対応などを調べました。

しかし亡くなった方に関しては申請して残すなどツイッター側の対応をお願いしたいですよね。

かなり早急にログインが迫られているので対応を急ぎましょう。

最後まd3えお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました